コンテンツへスキップ

理事長の独り言

 

【睡眠力】平成30年9月12日記

★列島や自然の猛威に残暑逝く★

自然が猛威をふるった今年の夏でした。

「逝く」と表現したいほど、「残暑」もなくすぐにきた「涼気」

さて、赤ちゃんが眠れなくて悩むという話は聞いた事がありません。が、赤ちゃんも「快・不快」を「泣く」という事で周りに訴えます。

その意味では、大人になるって面倒くさいものですね。
乳幼児期の「快・不快」を受けとめて貰えなかったら、人間に不信感を持って育つと言われています。

私だってももともと睡眠障害だった訳ではありません。
生まれ育った場所は一歩外へ出れば、目の前は海。
夏は家から水着のまま走って海へドボン。

海水浴に行く前の準備は「タライに水をいれる」コト。
帰宅するとタライの水は温まっており水着についた泥を井戸水で流しそのタライへ。
夜は海岸に打ち寄せる波の音を子守唄にして眠っていました。

ただ、悲しいかな鮮烈に残っているこんな思い出の中に「父母」が登場しないのです。
父は小一の時九州の売薬先で一晩で亡くなりました。
一年に正月と盆に会ったくらいだったので悲しみもなく遺骨を迎えました。

「睡眠障害」は自然の中で育った私が、高校生になると同時に離れてくらしていた「母親」と暮らすようになってから。

母親共に暮らすストレスと、住んでいるアパートは市電の音が聞こえる街の中。

眠れないという私に母親が安易にくれた「眠剤」。
毎日服用していた訳ではありません。

何も考えずに眠れた『あの頃」
私達が公平に与えらているハズの「眠り」に今、どれだけの人が悩み苦しみ、病院へ駆け込むか・・・・・

私もその一人でした。
まるでそれまで生きてきた集大成のように更年期に罹患した「うつ病」

でも、お蔭様で寛解後は「違った人生」が始まりました。
根こそぎ「思考や行動、感情」という「心」が変わった訳ではありませんが、それでも「気づき、変化」しました。

「生涯を横軸」で考えるようになってから自分自身が変化していきました。
で、また「行政」ですが。
政治にそれを望めないのか・・・・

いや、諦めず気長に伝え続けよう。ファイト!!
と思う今日は、「熟睡」できたからこそ意欲が湧き出ているのです。

クスリよりご馳走より力を与えてくれる「睡眠」
「睡眠」がしっかりとれる方は「自己肯定感」がしっかり育まれていると言えるのではと思います。

「自己肯定感」は乳幼児期から10歳くらいまで、父母などの保護者から始まり周囲が育むもの。

「子育て」から「終活」までを一点づつ別々に協議したがる行政や私達。

その意味で、先日傍聴した市議会の松尾氏の質問は「幼児虐待」「生き辛さを抱える若者」「終活」は、一連の流れがあり良かったと思っています。

「質問」は横軸でもが「受け止める行政」の思考回路はいつまでも縦軸。
このギャップはいつ埋まるのか。

今朝は7時起床で遅い朝の挨拶でした。
皆さんは既にお仕事についておられるでしょう。

涼しい朝。欲を言えば秋らしい青空を見たいです。
被災地の方々はそれどころではないでしょう。
ヒトって本当に「自分のこと」しかわからないし考えも「利己的」な人が多い。私も然り。
いやはや我が儘な生き物ですね・・・

この長文、お目に止めていただき有難うございます。
今日も良い一日を!!!

【怒りの感情って不要?】平成30年9月11日記

ニセの感情と本物感情と分けて感情を学んだのは交流分析という心理学。
本物感情を「喜怒怖楽」に分ける。。
中でも「怒り」の感情に私達は、いや私は翻弄される。

アンガーマネジメントの研修が流行るところをみると、もて余すのは私だけではないようだ。
この事については、ゆっくり書いてみたい。

怒りというか💢「ストレス」は交感神経が優位になる。
今の私の不調、例えば 腸の動きも交感神経ばかりが優位に立って腸の動きを止めてるらしい。

今日 指摘された 顔面の違和感もネットで調べるとストレスでもなるようだ。

ここでよく書いているが、私の両親は40代で逝った。変化を目前で見た挙句、あっけない死。
なので脳梗塞等に関する症状は過剰に反応してしまう。

体質遺伝ありと言われているのでポックリ逝く覚悟をしていたが何故か今まで生きている。
親友は美人薄明という期間はとっくに過ぎたと茶化すが笑

短命と思うからせっかちなのか、せっかちだからストレスを抱えるのか。

「怒り」の感情は動物にとって命や安全を守る為の大切な感情である。が、その怒りが本物か歪められたものかは自分に聞いてみるしかない。

怒りの下にある感情を整理整頓をしてみる。
それがカウンセラーに話すことで気づく事もある。

しかし自分の事となると情けないかな気づけない事が多々。

疲れもあったが、今朝の新聞で報道された昨日の市議会。
誰に向けて良いか判らない怒りがある。

こんな時は寝るに限る。
早寝と決めた今夜だが、その前に、こうやって書いているだけでも多少は落ち着く。

話す事も良いが書いてみるのもストレスを遠ざける事になる。

 

【自立とは頼れる人を沢山もつこと】

●本数が増える私への電話相談で感じる事●
不安・怒り・憎しみなどの感情を回避出来ない状況を聞きます。その感情から生れる「自己否定」の堂々巡り。

「アンガーマネジメント」や「アサーション」など言葉を知っていても、道具と同じで使えなければ意味がないのです。

親や周囲から「自立」を求められている方も多いし、何よりも【自分自身が自立したい】と思っているはず・・・だから苦しいのですよね。

で、丁度良い記事があったのでアップします。
右は大事なところを大きく抜いてアップしました。

※頼るには「自己開示」大事。次は「アンガーマネジメント=怒りの対処」「アサーション=自己表現」など。 両方に必要な事は自分の感情を捉えることです。遅くはないです。
一にも二にも 訓練・訓練!!

記事を全部読んで下さい。自分を責めることはないですね